そろばん教室|札幌市で学習塾やそろばん教室をお探しなら【ACE塾】

ACE塾

そろばんの歴史

電卓の普及によって、そろばん人口が減少した時代もありましたが、最近では新たにそろばんの良さが見直されています。日本国内の学校では授業として導入する小学校が増えたり、海外でそろばん教室が開催されることも多くなりました。注目のそろばんを学ぶにあたり、そろばんがどのようにして日本で広まっていったのかをご紹介します。

そろばんのはじまり

そろばんは、今から3000~4000年前にメソポタミアで発明され、その500年後にエジプトやギリシャでも広まっていきました。国によってそろばんの形は違い、原型は中国で完成したといわれています。中国のそろばんの玉は丸型、日本は菱型となっています。

世界のそろばん

国によってそろばんの形が違い、使い方も様々でした。メソポタミアでは砂そろばんが発明され、砂の上に石を置いて使っていました。ギリシャでは盤の上に線を引いてコイン型の玉を並べて計算する砂そろばん、ローマでは線そろばんと盤に溝が掘られていて、その中に玉をはめこんで計算する溝そろばんが使われていました。

そろばんの玉の数の変化

最初に伝来したそろばんは、5玉が2個、1玉が5個ありましたが、日本人が使ううちに、5玉を1個にした方が便利だと気がついたようです。今から100年前には、5玉が1個のそろばんが普及していきました。さらに、使いやすさを求めて昭和に入ってからは4玉そろばんとなりました。

学校教育への導入

中国から伝わったそろばんは商業の発達に伴い、武士や商人の間で用いられていました。一時は電卓が普及したことで、そろばんの使用が減りました。しかし日本式のそろばんは計算力のアップに有効なため、学校教育に導入されました。現在でも小学校の学習指導要領でそろばんが必修となっています。

そろばんの豆知識

古くから計算機として利用されているそろばんには、意外と知られていないことが沢山あります。そろばんの豆知識を知ることで、そろばんにより興味を持っていただけると思います。

読み上げ算特有の言い回しについて

読み上げ算では、読み上げられる問題を計算することになります。読み手は問題を読み上げる前に、「願いましては」という言葉を述べます。この言葉が使われることに疑問を感じたことはありませんか?これは、そろばんが古くから使われていたことが関係しています。
江戸時代では、数字の記載方法が漢字かつ縦表記で統一されていました。数字を読み取るのが大変で、一人では計算しづらかったため、一人が計算式を読み上げ、もう一人がそろばんをはじくという読み上げ算の形がとられていました。二人での作業になるため、読み手はそろばんを使う人に対して「これから計算をお願いします」という意味を込めて、「願いましては」と一声かけた後に数字を述べるようになったのです。「~円也」と言うのも読み上げ算の特徴です。これは、そろばんを使った計算はお金に関するものが多かったことと、数ごとに区切りを入れるために「也」という言葉が使われたとされています。

「そろばん」は外国人にも通用する!?

中国では「スワンパン」、ロシアでは「ショティ」と呼ばれているそろばんですが、アメリカやヨーロッパ諸国では「そろばん」という言葉がそのまま浸透しています。「世界最高の算数道具」と海外で評価されているそろばんは、海外の教育現場でも積極的に取り入れられ、算数の理解を深める成果を上げています。そろばんの世界への広がりは、日本の素晴らしい伝統文化を世界中の人々に知ってもらうことは勿論、機械化が進む現代社会において、機械に任せきりではなく、頭を使って考えることの大切さを改めて考えるきっかけになります。

右脳を鍛えるそろばん

右脳への影響と得られる効果

私たちが普段から行っている読み書き・論理的な考えは、左脳を使います。そろばんの珠算式暗算などは、芸術性などをつかさどる右脳を使います。右脳に働きかけるそろばんは、右脳に良い効果をもたらすことが分かっています。
子供の頃からそろばん塾に通うことで、右脳を効果的に鍛えましょう。
そろばんは「頭のスポーツ」といわれています。そろばんを行うことで、計算を言葉に置き換えてではなく映像に置き換えて計算するようになります。玉をはじくなどの指を動かすことでボケ防止に役に立つともいわれていて、子供だけではなくご年配の方にも有効です。乗算・除算・見取り算を基本に、時間内に問題を解いていくことで集中力アップにも繋がります。
他にも、暗算が早くなる、頭の回転が早くなる、判断力が身につくなどの効果が得られます。図形を読み取ったり音楽を聞き取る力、全体を見渡して空間を認知する力を働かせる際に動く右脳を鍛えることで、直感を養えるのです。

英語読み上げ算

そろばんで「学ぶ基礎力」を身につけましょう

英語読み上げ算に力を入れているそろばん塾はそれほど多くない中、当塾では精力的に力を入れており、当塾の大きな特徴ともなっております。

英語読み上げ算とは、そろばんを世界に広めるために考案された読み上げ算の手法で、そろばんに関係する言葉や数字を英語で読み上げ、そろばんで計算していくものです。
練習しているうちに英語を日本語に置き換えないで計算できるようになってきます。

そろばんで使用する言葉の英語例には以下のようなものがあります!

これらは英語圏での慣用句であり、数字を英語で読み上げることも加えると、そろばんを練習しながら日常英会話のレッスンも同時に行っていることになります。
英語に限りませんが、若いうちから外国語に親しむことは、脳トレと平行して将来的に知識・教養・視野を広げることに繋がっていきます。

英語の重要性が増してきている現代社会において、計算能力と英語語彙能力を楽しみながら同時に高めることが出来る英語読み上げ算には、お子様にとって多大なメリットがあると考えおります。

珠算式暗算

珠算式暗算で能力アップ!

頭の中にそろばんのイメージを描き、そのイメージしたそろばんで珠算を行う手法です。
珠の弾き方を意識せずにそろばんが出来るようになれば、基本的に暗算のスキルも自動的に上達しています。
そして、そろばんに熟達すればするほど、より早く、より正確に高度な暗算を行うことが出来るようになります。

算数や数学の授業のような筆算方式では左脳が機能していることが分かっており、2桁3桁と数が大きくなると計算が煩雑になります。しかし珠算式暗算では、右脳が機能していることが研究により判明しています。
脳が数値を画像として捉えるため、桁数の多い計算や速さを求められる計算が直感的に容易に出来るという特徴があります。
難しく聞こえるかもしれませんが、そろばんが頭の中にパッとイメージ出来るようになると意外とすんなりと出来てしまいますし、出来るようになるととても楽しいです。

そろばんで頭が良くなる6つの効果

集中する力

そろばんの検定試験は制限時間に規定問題数を正解しなければなりません。
指先の動きは、かけ算種目だけで、なんと2000回以上を数えます。
「指先は外に出た脳」と言われていますように、ソロバン学習が指先トレーニングによって脳を育てていることがおわかりいただけると思います。

記憶する力

暗算には珠算式暗算(右脳使用)と算数式暗算(左脳使用)とがあります。
珠算式暗算は右脳で処理した答えのパターン記憶を行います。
このトレーニングは直感像として長く記憶にとどまり、長期間失われません。
子ども時代、特に幼稚園児から始めるほど、これらの「脳力」が確実に身に付くことになります。

情報を処理する力

必要な情報を、いち早くキャッチし超速で処理する「脳力」は21世紀の必須能力のひとつです。
そろばんトレーニングは数字を早く読みとり右脳で秒速処理を行い左脳で正確な数字情報に変換しますのでインプットからアウトプットまで情報処理能力を育てていることになります。

イメージやヒラメキの力

有段者の珠算式アンザンは右脳を使用していることが判りました。
問題解決・発明などのヒラメキは右脳から発生すると言われており、問題解決の思考回路を最短距離で結ぶ「脳力」が開発されます。

注意深く観察する力

ミスが許されないトレーニングを繰り返し、集中力と同時に数字を注意深く読みとる能力が高まってきます。それが洞察力の原点になり、トレーニングの習慣が数字を駆使して様々な分析する力が生まれてきます。

速く聴き速く読む力

トレーニングの種目「読上算」は、読み手が読上げる問題を即座に聞き取り、正しく処理する「速く聴き取る力」を鍛えます。
また、数字をブロックごとに速く読み取り処理する学習法は、「速く読む力」を鍛えます。

フラッシュ計算

脳を鍛えて一生ものの計算力を

珠算式暗算を習熟するための手法として、近年注目が集まっているのがフラッシュ暗算です。
パソコンのディスプレイにフラッシュ式でパッパッと表示される数字を、珠算式暗算を用いて計算していきます。

一見すると数字がただランダムに表示されているようですが、その実は高度な論理と豊富なデータに基づき開発されたプログラムによって管理されており、どのような問題が頭にイメージしやすいかを難易度別に分けて出題させることが出来るようになっています。
そのため、初心者から上級者まで全ての対象者において、暗算力を上達させることが出来るのです。

そろばんの楽しさ

検定受検で目的を見失わない

そろばんで扱う計算方法は多岐にわたります。多様な計算に対応できるようになるためには、日々の練習が欠かせません。
練習が辛くなることもあるはずですが、そろばんには、目的を見失わずにステップアップしていく仕組みがあります。
その仕組みの一つが検定試験です。
検定試験の受検は、そろばんを学習する上で大きな指標になります。多くの級や段があるため、常に一つ上の目標を持って取り組むことができます。教室の先生から指導やアドバイスを受けながら、自分のレベルに合わせて励むことができるので、目標が高すぎて途中で断念してしまう不安もありません。

成功体験の連続

そろばんは、連続した成功体験を味わうことができます。それは、そろばんの玉を指ではじきながら計算を行うという決まった形式の中に、多くの成功体験が詰まっているからです。
玉のはじき方が上手くなった、計算速度がアップした、集中できるようになったというように、できないと思っていたことができるようになるという成功体験は、その人の大きな財産になります。
特に、子供にとってこのような経験は大きな自信に繋がると共に、可能性を広げることにもなります。

日常生活が豊かに

日常生活の中で数字を目にする機会は沢山あります。継続してそろばんを学習していると、計算を行うつもりがなくても、数字を目にしただけで無意識のうちに頭の中で計算するようになります。
そろばんで掛け算や割り算の計算をスムーズに行うことができるレベルになると、買い物の時に活かすことができます。
購入した商品の合計金額を瞬時に求めたり、割引商品を購入する時には、元の値段から割引後の価格を求めたり、割引後の価格から元の値段を求めることも容易にできるようになります。
頭の中で計算することができると、電卓に頼ることなく、何時でも何処でも自信を持って計算できるでしょう。

読み上げ算

自ら学習する力を養います

問題を目で見て計算する見取り算に対して、読み上げてもらって耳で聞き取りながら計算していきます。
集中力と計算スピードと共に正確さも要求される手法ですので、チャレンジ精神を喚起するためにはとても効果的です。

そろばんの進級試験は、時間内に必要な数だけ正答しなければ進級する事が出来ません。
日々練習を重ね指を動かし続ける事で、珠を弾く速度もつき集中力も養われます。
これを意識する事によって、自ら学習する意欲が生まれます。

読み上げ計算

計算力をさらに鍛えます

読み上げ算を暗算で行う手法です。
読み上げ算よりも更に集中力とスピード、そして正確さが要求されます。
とてもチャレンジングで、正解した時の達成感を積み重ねて自信としていく過程において大変効果的です。